家具・インテリア

ヤマハ 世界初バーチャル3Dサラウンド対応 『YAS-107』『YAS-207』

更新日:

バーチャル3Dサラウンドとは?

ヤマハはバーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」に世界で初めて対応したサラウンドシステム「YAS-207」「YAS-107」を発売しました。
小型なのでテレビの脇に簡単に置けて、テレビ番組や映画などを臨場感たっぷりの音質で聞くことが可能になります。

『YAS-107』 『YAS-207』比較表

YAS-107 YAS-207
実用最大出力 フロントL/R:30W×2
サブウーファー:60W
サウンドバー:100W
サブウーファー:100W
音声フォーマット PCM/SD audio PCM/SD audio
映像フォーマット 4K(50/60Hz、4:4:4)
HDR
4K(50/60Hz、4:4:4)
HDR
HDMI端子 入力端子:1系統
出力端子:1系統
入力端子:1系統
出力端子:1系統
消費電力 27W サウンドバー:30W
サブウーファー:19W
外形寸法 890W×53H×131Dmm 930W×60H×108Dmm
質量 3.4kg サウンドバー:2.7kg
サブウーファー:7.9kg

『YAS-107』 『YAS-207』の特徴

YAS-207

YAS-107

YAS-107はサウンドバーのみでサウンドバー本体にサブウーファーを内蔵し、YAS-207はサウンドバー+ワイヤレス・サブウーファーという構成になっています。
スピーカー以外のスペックにはあまり差がなく、入力端子や出力端子は同等で、4K/60p、HDCP2.2、HDRなどフルスペックの4K映像、Bluetooth接続も可能です。

特筆すべきは、世界で初めて最新のバーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」に対応していることです。これは前方・左右・後方に加え、高さ方向の音場も再現する3Dサラウンド技術で、音の臨場感がまるで異なります。また、ステレオ音声入力時でもアップミックス機能により、バーチャル3Dサラウンドが楽しめ、さらに、不足しがちな低音を増強する機能「バスエクステンション」による、パワフルな重低音再生も可能です。

接続はHDMIだけでなく、Bluetoothにも対応するため、テレビ、ブルーレイはもちろん、スマホやタブレットからでも音楽コンテンツのワイヤレス再生が可能です。独自の音質改善技術「ミュージック・エンハンサー」により、スマートフォンなどからの圧縮音源を高音質で聴けるだけでなく、高音質音声コーデックAACを搭載しているため、iPhone等の音声をクリアな音で楽しめます。
さらに、専用アプリ「HOME THEATER CONTROLLER」をモバイル端末にインストールすれば、音量調整や入力切替など本機をさらに快適に操作することも可能です。

ヤマハ フロントサラウンドシステム YAS-107

ヤマハ フロントサラウンドシステム YAS-207

-家具・インテリア

Copyright© かってよし , 2018 AllRights Reserved.