パソコン・スマホ・タブレット

iPhone7用手帳型スマホケースはおすすめできる?

更新日:

スマホのケースは色々なタイプのものがありますが、最近は手帳型のスマホケースが人気のようです。
そこで手帳型スマホケースのメリット・デメリットとおすすめを調べてみました。

手帳型スマホケースってどんなやつ?

一口に手帳型スマホケースと言ってもシンプルなものから多機能なものまでありますが、スマホの後ろだけでなく、前面も覆うカバーが付いているのが特徴です。
さらに収納スペースなどを設けるかが、好みの問題になってきます。

手帳型スマホケースのメリット

スマホ本体の防御力が高い

通常のスマホケースだと守れるのは背面と側面だけですが、手帳型スマホケースなら前面も守れるので落とした時などは一番安心できます。
保護フィルムでは細かい傷からは守ってくれますが、さすがに落下時の衝撃には耐えられません。
また、鞄の中やポケットの中でも、他の物から保護してくれるので雑にほうりこんでも安心です。手帳型スマホケースの防御力はピカイチです。

お金などを収納できる

他のスマホケースでは収納力はほぼ皆無ですが、手帳型スマホケースなら収納スペースがあります。
紙幣や定期券にICカードといったをカード類を手帳型スマホケースに入れて持ち運ぶことで、必要なときに素早く取り出すことができます。特に交通機関を多用する方にはおすすめです。

他人に画面が見られにくい

最近のスマホはLINEなどプッシュ通知が多く、普通に置いたままだと丸見えになってしまいます。だからといって裏向けに置くのも画面にキズや汚れが付きそうで、できれば裏向けには置きたくないと思います。
その点手帳型なら普段はカバーが閉じられているので、プライバシー保護の観点からも優秀です。

かっこいいしかわいいしオシャレ

多くのスマホケースは背面や側面を覆うだけなので、個性をだすのは色ぐらいになります。必然的にすべて同じようなデザインになってしまい、個性をだすのは難しいでしょう。
しかし、手帳型スマホケースなら前面のカバーまであるので、色以外にもデザインに幅があり、オシャレなものもたくさんあります。見た目も目立つため個性を発揮しやすいです。

手触りが良い

普通のスマホケースはプラスチック製やシリコン製が多いですが、手帳型はレザー製のものが主流になります。
好みの問題ではありますが、高級感もあり、手触りもいいと思います。

鏡が付いているタイプも

手帳型のスマホケースには小さな鏡が付いているタイプも有り、ちょっとしたときにすぐ鏡が見れるのは、特に女性にとっては好評のようです。

スタンドになるタイプも

前面のカバーをうまく使って、スマホのスタンドとして使えるタイプもあります。
動画を見ることが多い方には重宝する機能になります。

手帳型スマホケースのデメリット

大きくて重くてかさばる

手帳型のスマホケースは当たり前ですが、前面のカバーの分だけ重くて分厚くなります。ポケットの中に入れる時には特に分厚さが問題になります。
また、最近のスマホは大型化が進んでいるので、比例して重く・大きくなる手帳型にはデメリットと言えるでしょう。

いちいち開けるのが面倒くさい

スマホの画面を守ってくれるカバーが邪魔で、いちいち開かないとスマホがさわれません。
矛盾しているのは重々承知なのなのですが、面倒くさいんです。

電話がしにくい

手帳型のスマホケースは大半が横開きのため、どうしても通話するときにカバーが邪魔になります。
裏側へ折り曲げながらの通話になるのですが、決して持ちやすくはありません。

カバーが邪魔でカメラが使いづらい

スマホでの写真撮影が好きな人にとっては最大のデメリットともいえるのは、撮影時にもカバーが邪魔になることです。
また、手帳型の中にはそもそもカメラレンズのための穴が空いていないものも数多く存在するとのことです。

通知がわかりにくいので見逃す

手帳型のスマホケースは頻繁に開かないと通知を見逃します。
手帳型を使う限り、プッシュ通知はないも同然となります。

卓上充電器が使えない

最近あまり使っている人はいないかもしれませんが、卓上の充電器と手帳型のスマホケースは相性が悪く、だいたいは使えません。
これは普通のケースでも起こることですが、手帳型の場合は確率がほぼ100%です。

劣化が早い

先程も述べましたが、手帳型の場合レザーが使われていることが多く、プラスチックやシリコンに比べ、キズも目立ち、劣化が早いです。
そこは「味がある」と思いましょう。

スマホを忘れたときのダメージが異常

普通ならただスマホを忘れただけ。のところ手帳型の場合はもれなく収納品まで忘れます。
定期などなら踏んだり蹴ったりですね。

ぶっちゃけ高い

手帳型のスマホケースは多機能なのが売りなため、他のケースに比べどうしても割高になります。
こだわらなければ、100均や自作という手段もありますよ。

結局手帳型スマホケースは使えるの?

自分でおすすめ記事を書いておいて何ですが、デメリットの方が多くなってしまったことに驚いています。
結局は好みの問題になるのですが、

・デザインや収納などの機能面を重視するなら手帳型
・スマホ自体の使い勝手の良さを重視するならケース型

このような考えでよいのではないでしょうか。

手帳型スマホケースのおすすめ

PORTER CURRENT iPhone 7 CASE

PORTERからかっこいい手帳型のケースが登場しています。もちろんiPhone7 Plus用もあります。
・素材
表:牛ステア(コンビネーション鞣し)(エンボス加工)
裏:ナイロンジャカード(アクリルコーティング)
・サイズ
W85/H165
・重さ
65g

表面にPORTERネームの金属プレート、内面にはジャカード織りのオリジナル生地が採用されており、とにかくオシャレに仕上がっています。
価格は決して安くはありませんが、ひと目で「おっ」と思わせる製品ではあります。

PORTER CURRENT iPhone 7 CASE

本格デニム 手帳型ケース

次はかわいいデザインの本格デニム手帳型スマホケースの紹介です。
見た目の面白さはもちろん、機能面も充実してします。
実際にデニム生地を使用しており、前面のポケットに収納できるだけでなく、内面にもカード類を収納できます。
また、スタンドにもなるので、持っていれば話題になること間違いなしです。

本格デニム iPhone7 ケース 手帳型

-パソコン・スマホ・タブレット
-

Copyright© かってよし , 2018 AllRights Reserved.