ホーム・キッチン

冷たいだけでなくフィット感バツグン 冷感まくらのおすすめ

投稿日:

まくらが熱くて気持ち悪いという経験がある方は多いと思います。
しかし、私自身が試してきた冷感まくらは確かにひんやり感はあるものの、まくらとしての性能は高いものではなく、かえって寝にくいという印象でした。

しかし、ひんやり感と寝やすさを両立したまくらを発見したので紹介したいと思います。
これからの季節にピッタリなのでぜひ試して欲しいです。

アイリスプラザ 低反発 冷感ジェル枕

冷感性を高めるポリウレタン製のジェルシートをコーティングしていて、熱を素早く吸収し発散すると同時にほど良い冷感が長く持続する高機能素材となっています。

ポイントは片面にだけなっているので、冬場は逆にして年中使えるという配慮があることです。
また、非常にやわらかくなめらかなエアーソフトと呼ばれる、密度の高い低反発モールドウレタンフォームを使用しているので、もっちりやわらか低反発と理想的な肌触りです。

クッション性の高いエアーニット生地で、カバーは手洗いでの洗濯が可能と使いやすさもバッチリです。

筆者購入価格 2,650円
Amazonで見る

極冷感 ダブルクールピロー ウェーブ型低反発枕

接触冷感とジェルシートのダブル効果でひんやり感は他の枕に比べて一段上となっています。
中身にふんわり柔らかい低反発素材を使用しているので、低反発ならではの寝心地と優れた頭圧分散効果で寝心地が良くなっています。

硬すぎず軟らかすぎずちょうどよい感じで、高さも変えられるのでおすすめの冷感枕です。

筆者購入価格 2,701円
Amazonで見る 楽天市場で見る

mianshe ひんやり枕

枕と言うよりはマットという感じで、使い方はまくらに限らないというのが特徴です。
サッと敷くだけで塩の冷却パワーで頭や体を冷やせるジェルシートとなっていて、頭、肩、腰、脚などお好きな場所に置いてひんやり感を味わうことが可能です。

折り畳みOKで、抗菌・防臭・防ダニ機能まで付いています。
1.8kgとやや重たいのが欠点ですが、いろいろ使える便利さがあります。

筆者購入価格 2,380円
Amazonで見る 楽天市場で見る

-ホーム・キッチン

Copyright© かってよし , 2021 All Rights Reserved.