アウトドア・スポーツ

カイロより経済的 アウトドアの防寒対策に ヒーター内蔵 電熱ウェア

更新日:

電熱ウェアとは?

電熱ウェアとはヒーターを内蔵しているウェアの総称で、ベストが一番売れ筋のようです。
例えばUSBで充電できて洗濯も可能なタイプが大半です。スイッチを入れれば1分程度で発熱し、じわじわ体を温めてくれます。貼り付けるタイプのカイロを数個付けている状態が一番近いかもしれません。

充電の手間はありますが、使い捨てカイトよりも経済的で発熱の範囲も広くかなり暖かいのが特徴です。ベスト以外にもグローブやソックス、ダウンなどがあり、組み合わせて使えば、真冬のアウトドアでも快適に過ごすことができます。

Oromany 電熱ベスト

温度調整操作も3段調温の即暖となっていて、簡単でボタン一つで全ての操作ができ、ボタンの色で確認可能です。なお、赤色は高温約55 ± 5℃、青色は中温約45 ± 5℃、緑色は低温約35℃です。

手洗いまたは洗濯機で洗え、シンプルなベストタイプなのでどのような服装にも合わせやすく、1枚あると重宝します。充電はUSBからでき、ベストにはバッテリー接続用USBケーブルが付属しています。

筆者購入価格 2,850円
Amazonで見る

Ysdeal 電熱ベスト

寒い場所で電源を入れるだけで体の芯からポカポカ暖めてくれます。4か所の発熱体(首・背中・腹部)により寒さを防ぐアイテムで、電熱線の熱慣性が小さく高速で加熱出来できる為、1分間で既定の温度になります。

約30℃~約50℃まで、強中弱3段階に調節可能な発熱機能を搭載しています。また、市販のUSB2.1A・5V出力モバイルバッテリーで使用可能です。

筆者購入価格 3,999円
Amazonで見る

コミネ EK-101 エレクトリックライニングベスト

電熱ライニングベストです。microUSB端子を備え、市販のモバイルバッテリーを使用可能となっております。
前側にベルクロ付きゴムバンドを備えているので、ジャケットの下に着込むことができます。まんべんなく全身が温かいのが特徴で、88gとめちゃくちゃ軽いので重宝しています。

筆者購入価格 3,483円
Amazonで見る 楽天市場で見る

MAIJION 電熱インナーパンツ

遠赤外線が身体を効率良く暖めてくれます。気温や使用環境に合わせて、低温約25度前後から、中温 約35度前後、高温約45度前後と3段階の温度調節が可能です。

伸縮が良いストレッチ素材を使用しているため、より動きやすく着心地も良いです。洗濯可能で釣り、バイク、ゴルフ、スキーなどに最適です。

筆者購入価格 4,899円
Amazonで見る

Housefar 電熱グローブ

ポリエステル素材を採用し肌触りが良く、手首の部分には伸縮仕様でしっかりフィットします。
3段階の温度調整ができお好みの温度を自由に切り替えられます。最高温度50°Cまでになります。
特にバイクで通勤している方におすすめです。

筆者購入価格 3,670円
Amazonで見る

SNOW DEER 電熱ソックス

電気温められたソックスで一日中暖かく快適に過ごせます。3レベル温度設定が可能で、ハイキング、スキー、アイスフィッシング、アウトドアに最適です。

足の先がかなり暖かく、バイクやアウトドアシーンで活躍しています。また冷え性の方にもおすすめです。

筆者購入価格 8,288円
Amazonで見る

-アウトドア・スポーツ

Copyright© かってよし , 2020 All Rights Reserved.