ホーム・キッチン

おすすめの充電式ゆたんぽ 朝まで冷めずに暖かい

投稿日:

エコで手軽で使いやすい充電式のゆたんぽを紹介したいと思います。
数分充電するだけで一晩持つぐらい使え、温度も暖かくもちろんどこへでも持っていけるのが特徴です。

温度表示などの機能もあり、お湯を入れるゆたんぽと違い、だんだん冷めてくることもありません。
価格も手頃なのでぜひ試してほしいアイテムです。

Shinyee 湯たんぽ 充電式

15分間充電するだけで保温可能な時間は約6時間~12時間と一晩長持ちします。
温度をリアルタイムで表示してくれ、やわらかなカバーが保温性も高くて肌触りも心地よいです。

湯たんぽは8層構造により、耐圧性・漏れ防止性に優れ耐久性も高いそうです。
もちろんカバーは取り外して洗え、省エネで環境にやさしいです。

筆者購入価格 3,999円
Amazonで見る 楽天市場で見る

AOLEM 湯たんぽ 充電式

1回わずか15分ほどの充電で最大で約12時間ほど温かさが続き、お腹・背中・手足などをやさしく温めるときに便利です。

カバーに手を入れられるポケットがあることがポイントで、特に冷えがちな手を入れるとそれだけで幸せです。
電気代は1回の充電で約2.5円なので気にならない程で経済的です。
ちなみにウチでは猫が気に入っています。

筆者購入価格 3,299円
Amazonで見る

moz(モズ)湯たんぽ 充電式

スウェーデン発の北欧ブランドmoz(モズ)の湯たんぽで、1回わずか20分ほどの充電で約6時間あたたかさが続きます。
本体サイズがW27×D19×H7cmとやや小ぶりなのも特徴です。

色合いが落ち着いている3色なので、気分や部屋の雰囲気に合った色を選択できます。

筆者購入価格 3,300円
Amazonで見る 楽天市場で見る

Rilobi 湯たんぽ 充電式

カバーの長い毛が特徴的で、優しい触感で心地よく、猫を触っている手触りのようで暖かくて優しいです。
1回わずか8分ほどの充電で最大で約12時間ほど温かさが続き、自動電源オフ機能が付属しており、安心して使えます。

なお、Rilobiはゆたんぽ以外にもルームシューズやスリッパなど暖かくておしゃれなグッズが多数あります。

筆者購入価格 3,280円
Amazonで見る 楽天市場で見る

TONGMO 湯たんぽ 充電式

ちょっとキレ気味の猫がかわいい充電式湯たんぽです。
約8~12分間の充電で、8~10時間の保温が可能とあらかじめ布団に入れておけば朝までぐっすりとおやすみになれます。

本体は6層構造になっているので安全で、湯たんぽが65℃以上を感知すると自動的に通電を停止します。
癒しの保温カバーがふわふわで優しくて、低温やけどのリスクもありません。
なお、別デザインもあります。

筆者購入価格 3,280円
Amazonで見る 楽天市場で見る

蓄熱式 エコ 湯たんぽ nuku2

もこもこふわふわで可愛いデザインの湯たんぽです。
ハリネズミかと思いましたが、モモンガとありました。

サイズは縦30×横28cmとそこそこ大きく、置いてあるとぬいぐるみにも見えます。
約15分の蓄電で一晩中ぬくぬくで、インテリア的な用途にもなっています。

筆者購入価格 3,980円
Amazonで見る 楽天市場で見る

Dr.Cauze U字型ネック 充電式 ゆたんぽ

珍しいU字型のデザインで、人間工学に基づいた肩こりにも良い湯たんぽとなっています。

また、体の血行を促進し、頚椎と肩にも良い効果があり、首の筋肉や関節の回復に役立ちます。
充電はわずか12分で7時間暖かく、一回充電の電気代は約2.5円と経済的です。
寝る時以外でも付けていると暖かくリラックスできます。

筆者購入価格 3,280円
Amazonで見る 楽天市場で見る

湯たんぽ 腰用ベルト付き

専用のベルトが付いていて、簡単に腰に装着できるのが特徴の湯たんぽです。
充電時間は10分程度で完了し、連続使用時間は6〜8時間で室内だけでなく、アウトドアシーンでも便利に活用する事が出来ます。

お腹はもちろん、方や足に巻くことも可能で、保温カバーは肌触りが柔らかく洗濯も可能です。
ベルト付きなので立ったまま装着できるので立ち作業や移動時でも便利に使えます。

筆者購入価格 2,980円
Amazonで見る 楽天市場で見る

-ホーム・キッチン

Copyright© かってよし , 2022 All Rights Reserved.