アウトドア・スポーツ

遮熱板&テーブルの一台二役 FUTURE FOX ステンレス遮熱板

投稿日:

今回はSOTO ST-310専用のステンレス遮熱テーブルの紹介です。
シングルバーナーっていろいろ種類があり、どれも一長一短あります。ただ、当たり前といえばそれまでなのですが、CB缶がけっこうスペースを取り、邪魔なことに変わりはありません。

しかし、このステンレス遮熱板はテーブルと一体化することでCB缶のスペースを有効活用することができます。
テーブル自体も使いやすく、SOTOのシングルバーナー「ST-310」を持っている方にはおすすめできます。

Amazonで見る 楽天市場で見る

FUTURE FOX ステンレス遮熱板の特徴

テーブル+遮熱板

元々ST310には遮熱板がついているのですが、ボンベ全体を覆っているわけではなく、調理中にカセットボンベが加熱されてしまうという危険がありました。
これはそんな事故を防ぐための遮熱板とテーブルが一体になった商品で、カセットボンベはテーブルの下になるため、スペースの有効活用もできています。

大きめのテーブル

テーブルの大きさは長さ32cm×幅21.5cmとけっこう大きめで、アウトドアのテーブルとしては十分すぎるぐらいです。
バーナーの横で調理したり、クッカー、マグカップ、ケトルなど置くのにも、安定して丁度よい感じです。

デザイン

機能面はもちろんですが、デザインも気に入っています。
バーナーの五徳を穴は1㎜単位で設計しているということで、さずが専用だけあってピッタリはまります。
また、カラーバリエーションもあり、このサンドベージュの他、シルバーとブラックがあります。

CB缶がピッタリ

テーブル全体がCB缶を輻射熱から守るようにできており、テーブルもCB缶がすっぽり収まる大きさになっています。
これにより、CB缶が加熱されてしまうという心配をすることなく料理が楽しめます。

FUTURE FOX ステンレス遮熱板の情報

  • 組み立て時サイズ:長さ32cm×幅21.5cm×高さ8cm
  • 収納時サイズ:長さ33cm×幅22cm×高さ1.5cm
  • 重量:約630g
  • セット内容:ステンレス遮熱テーブル、収納バッグ

筆者購入価格 4,980円
Amazonで見る 楽天市場で見る

-アウトドア・スポーツ

Copyright© かってよし , 2020 All Rights Reserved.