本・CD・DVD

本屋を巡って調べた 注目・話題・人気になっている本

投稿日:

いまだ外出はしにくい昨今、じっくりと本を読もうと思う方も多いと思います。しかし、どれを読もうかと思うと、中々選ぶのが難しい部分もあるのが本というものではないかと考えています。
そこで目的は違ったのですが、本屋を巡ることになったため、人気があったり、話題になっている本を調べてきました。

私自身もすべてを読んだ訳ではなく、中には特定の店員さんのおすすめという本もあるかもしれませんが、本を選ぶ参考にしてもらえると幸いです。

ペスト

この時期多くの本屋さんでおすすめされていました。私も何となく読んでみると、現在の状況と似ている部分が多く驚きました。翻訳の関係かもしれませんが、内容は正直言って読みやすいとは言えず、読み終えるまでに時間のかかった本となりました。

原因不明の病気ペストと懸命にたたかう方々が淡々と描かれていて、決して正解など無い登場人物の不条理に対する考え方などは、私自身も大いに考えさせられました。

筆者購入価格 825円
Amazonで見る 楽天市場で見る

素敵な日本人

東野圭吾さんの短編集で、とても読みやすく、安心して一気に読み切ることができました。素敵なお話が多く、素敵な日本人が多く登場します。

最後に「水晶の数珠」を持ってくるのも最高で、もっともっと読みたいと思わせてくれます。
感動するものから笑えるのもまでバラエティーに富んでおり、短編集なので、短い時間でも読むことができるのも、気軽に読み始められます。

個人的には「正月の決意」が一番好きで、感慨深いものがありました。

筆者購入価格 770円
Amazonで見る 楽天市場で見る

流浪の月

2020年本屋大賞の大賞受賞作です。多くの本屋さんで特別コーナーが設けられていました。BL作家さんが大賞を取ったと聞いて興味を持ったのが本音です。
不幸な少女時代を過ごした主人公の話で、実は今読んでいる最中なのですが、少女漫画のような展開に感じます。

登場人物の心情がかなり丁寧に描かれているのですが、個人的には同情する部分はあれど、イマイチ共感できる部分が少なく感じました。

筆者購入価格 1,650円
Amazonで見る 楽天市場で見る

幼なじみが絶対に負けないラブコメ

いわゆるライトニングで、コミックスにもなっています。
人気の理由を調べて見ると、ラノベやギャルゲーの世界では、幼なじみ=負けヒロインという認識が一般的らしく、それを覆している「幼なじみが絶対に負けないラブコメ」というタイトルからしてきょうみを惹かれるものがあるらしい。

「高嶺の花」VS「世話焼き幼なじみ」という三角関係で、これだけ聞いたらかなり敗色濃厚に思えるが・・・

筆者購入価格 693円
Amazonで見る 楽天市場で見る

マリアビートル

元殺し屋というそれだけでも面白そうな主人公の復讐の物語です。登場人物がみんな魅力的で、セリフひとつひとつにも引き込まれるものがありました。

新幹線の中というすごく限られた空間の中でこれだけも物語というのが本当にすごいとしか言えません。

筆者購入価格 733円(Kindle版)
Amazonで見る 楽天市場で見る

とーとつにエジプト神

とーとつに購入した一冊で、誰でも大小あれど神話って興味がある分野だと思います。
SNSやグッズで大人気のエジプト神たちが本になったという触れ込みでしたが、そのことは知らず、この本から入っても十分楽しめました。

二頭身ほどにデフォルメされたエジプト神の簡単な特徴や紹介で、けっこう勉強にもなります。
なお、セト神は「ざんぎゃくひどう」なことがわかりました。

筆者購入価格 1,078円
Amazonで見る 楽天市場で見る

コンビニ人間

「普通」とは何かを問う作品。私自身も普通とは言い難い選択をしてきた人間なので、この本を読んでいっそう考えさせられました。

けっこう読みやすく薄い本ながら問いかけはかなり厚く、多数派と考えが違う人間を変人とするのは視野を狭くする行為だと感じました。
登場人物全員に違った考えがあり、全員の意見に理解ができる。いったい何が普通なのだろう。

筆者購入価格 631円(Kindle版)
Amazonで見る 楽天市場で見る

記憶喪失になったぼくが見た世界

以前から気になっていた本で、取り上げられていたのでこの機会に購入。ノンフィクションで重い話であることは理解していたが、事実は小説より奇なりとはよく言ったものだと思いました。

18歳ののときに事故で食べる、眠る、トイレなども含めた記憶をなくし、「新しい自分」を生き始め、草木染職人として独立するまでを綴った手記です。

筆者購入価格 616円
Amazonで見る 楽天市場で見る

52ヘルツのクジラたち

52ヘルツのクジラとは―他の鯨が聞き取れない高い周波数で鳴く、世界で一頭だけのクジラのこと。たくさん仲間がいても誰にも届かない。

虐待されてきた少年少女の例えとされていて、読みやすいけど、ずっしりと重く心に響く作品です。

筆者購入価格 1,760円
Amazonで見る 楽天市場で見る

-本・CD・DVD

Copyright© かってよし , 2020 All Rights Reserved.