カメラ

3軸ジンバルの革新的なカメラ DJI OSMO POCKET

投稿日:

今のスマホは写真でも動画でもかなりキレイに撮れるのですが、やはり専用のカメラには及びません。
しかし、この「OSMO POCKET」はただのカメラでありません。軽量で、小型ながら1/2.3インチセンサー、80°の画角、F2.0の絞りを搭載し、手ブレ補正も強力な上、3軸メカニカルジンバルなので、どのようなシーンにも対応できます。

性能だけを見ればもっとよいカメラは存在します。しかし、「OSMO POCKET」は手軽さという点で抜きん出ており、誰でも簡単にワンボタンで撮影可能なのがポイントです。

値段はそれなにするのですが、女子高生などはこの使い勝手を知れば欲しがるのではないでしょうか。

DJI OSMO POCKETの特徴

小型ながら何でもできる

OSMO POCKETの最大の利点は手軽さにあります。何のマウントのなしにすぐに撮影ができ、カメラとしての性能も申し分なしです。

パワフルな性能

1/2.3インチセンサー、80°の視野角(FOV)、さらにF2.0の絞りを搭載し、100 Mbpsの4K/60fps動画や1.55 μmのピクセルサイズの12 MP写真も撮影です。

また、撮影は片手で、マウント不要です。なお、最大500 mmまで伸ばせる伸縮ロッドや防水ケースなどが別売りであります。

スマートな機能

アクティブトラック・モーションラプス・3x3パノラマ・ナイトショットなどの撮影も可能です。このあたりはスマホには出来ないこともあり、カメラとしての機能性も十分です。

オプション設定

露出/ISO/シャッタースピードなどが調整でき、RAW形式の写真やD-Cinelikeの動画も撮影できます。

編集機能

マイストーリーのテンプレート/フィルター/音楽/ステッカーを使い、誰でも手軽にコンテンツを作成できるのもポイントです。

DJI OSMO POCKETのスペック

  • サイズ 121.9×36.9×28.6 mm
  • 重量 116 g
  • センサー 1/2.3インチ CMOS
  • 4K/60fps
  • 3軸ジンバル

筆者購入価格 40,450円
Amazonで見る 楽天市場で見る

-カメラ

Copyright© かってよし , 2020 All Rights Reserved.