カメラ

スポーツ撮影にも ビデオカメラの選び方とおすすめ

投稿日:

今やわざわざビデオカメラを購入してなくても、デジカメや何ならスマホでも動画の撮影は可能です。
しかし、ビデオカメラにもならではの魅力があります。例えば、ズーム機能や手ブレ補正、バッテリー、音質などは専門であるビデオカメラに軍配が上がります。

画質も面ではデジカメの方が良かったり、手軽さの面ではスマホには勝てないかもしれません。しかし、多くの機種が4K録画に対応し、ズーム性能や手ブレ補正を備えているビデオカメラにしか撮れない映像もあります。

そこで今回はビデオカメラも選び方と最新のおすすめ機種を紹介します。

ビデオカメラの選び方

  • 画質
  • やはり映像を残すためにある以上、画質は一番気になるポイントと思います。
    高価な機種は4Kに対応しており、フルHD録画の機種もまだまだ多いです。当然写すモニター側にも4Kに対応している必要があるので、ビデオカメラ以外の環境が整っているかも重要です。

    また、当然画質が良い機種ほど高額になリます。

  • ズーム
  • 光学ズームとデジタルズームがあり、デジタルズームは一部を拡大することで、大きく見せているので画質が粗くなリます。
    なので光学ズームの倍率が本当の性能だと思います。

  • 手ブレ補正
  • 経験がないと実感しにくいのが手ブレ補正です。しかし、これがあるのとないのとでは大違いで、特に用途によっては重要な機能になります。

  • サイズ・軽さ
  • 軽視されがちですが、個人的には最重要項目になります。大きくて重いと持ち歩く気になりません。
    また、長時間の撮影でも手が疲れないというのも重要です。

  • 用途
  • 用途によっても重視するべき機能は変わってきます。例えば屋外での使用が多いのであればファインダーがあったほうが良かったり、望遠だったり、手ブレ補正だったりです。
    お子さんやペットの成長記録がメインなら4K対応だったりという訳です。

パナソニック HDビデオカメラ V360MS

パナソニックのお買得モデルで、高倍率90倍ズーム、光学でも50倍ズームという遠くからでもきれいに撮れるのが特徴です。
本体の重量が約213gという軽さなのもポイントで、バッグの中に入れてどこでも手軽に持ち歩いて撮影できます。

5軸ハイブリッド手ブレ補正を搭載し、回転軸・左右・上下・縦回転・水平回転の5軸方向の手ブレを自動補正してくれます。
内蔵メモリーは16GBと心もとないので別途SDXCメモリーカードは必須ですが、録画時間も最大約6時間40分とたっぷりあって、コスパ最高のビデオカメラです。

筆者購入価格 29,800円
Amazonで見る 楽天市場で見る

ソニー ビデオカメラ FDR-AX45

ソニーの4K/HD映像とMP4動画の同時記録に対応した本格モデルで、ズーム時でもブレない空間光学手ブレ補正機能が素晴らしい働きをしてくれます。
光学20倍、HD記録時は40倍での撮影が可能で、4K撮影時でも30倍のズームが可能です。

狙った被写体のピントを合わせ続ける「ロックオンAF」機能も優秀で、素早く動く被写体の撮影時に最適です。
5.1chのサラウンド記録ができるのもポイントで、まさに最強のビデオカメラです。
4Kのビデオカメラならこれで決まりです。

筆者購入価格 96,380円
Amazonで見る 楽天市場で見る

JVC ビデオカメラ Everio

約220gの小型軽量ボディで持ち運びやすく撮影も楽チンなのが特徴で、価格も手頃ということで人気のあるビデオカメラです。

光学40倍・ダイナミック60倍ズーム、内蔵メモリーも32GBと申し分ありません。

とにかく軽くて使いやすいというのが印象的で、コンパクトなので、とりあえず持っていくという使い方ができます。
撮影するというハードルを下げてくれる相棒と言った感じです。画質もバッテリーも満足のいくレベルです。

筆者購入価格 31,000円
Amazonで見る 楽天市場で見る

パナソニック 4K ビデオカメラ

パナソニックの4K対応ビデオカメラで、4K対応の中では価格が安いことも特徴です。
広角25mmという広いレンズを採用し、限られたスペースでも広範囲を撮影できるのもポイントで、大切な場面をキレイな4K高画質で残します。

5軸ハイブリッド手ブレ補正に、撮影状況や人を見分けて補正する「アダプティブOIS」、微細なブレを滑らかに補正する「ボールOIS機構」を搭載し、あとから手ブレ補正、あとから指で追っかけ、あとからクローズアップもけっこう便利に使えました。

筆者購入価格 79,800円
Amazonで見る 楽天市場で見る

ソニー 4Kビデオカメラ Handycam

ソニーの化け物級ビデオカメラで、4K HDR記録対応の1.0型積層型CMOSイメージセンサー搭載モデルとなっています。
273点像面位相差検出AFセンサーの搭載で、素早く動く被写体でも補足してしてくれる精度が段違いです。

映像エリアの84%をカバーしているオートフォーカスなので、写りさえすればピントが合うというイメージです。
まさにプロ仕様で、できることが多いゆえに操作も複雑になる部分があり、価格も相まって気軽に手を出せるシロモノではありません。

しかし、画質の良さやAFの精度は一度触ったら分かるレベルです。

Amazonで見る 楽天市場で見る

-カメラ

Copyright© かってよし , 2021 All Rights Reserved.