アウトドア・スポーツ

おしゃれで疲れない 最強のメンズウォーキングシューズ

投稿日:

私はここ数年毎日のようにウォーキングをしているのですが、シューズ次第で歩きやすさはぜんぜん違うことに驚かされます。
好みの問題や足の形状などの個人差はあるでしょうが、疲れにくいシューズはどんどん歩けるという印象です。

履きやすさやおしゃれさなども思ったより重要でモチベーションの維持にもなります。
そこで私がおすすめする最強のウォーキングシューズを紹介したいと思います。

メレル ウォーキングシューズ Jungle Moc2.0

大人気のメレルJungle Mocにエアークッションプラスが搭載され、軽量かつスタイリッシュに生まれ変わったウォーキングシューズです。
クッション性をめちゃくちゃあり、耐久性とグリップ力も相まってどのような路面でも安心して足を踏み出すことができます。

デザイン性も気に入っていて普段遣いにも利用でき、撥水処理を施しているので小雨程度の水を弾きます。
中でも世界が認める高性能アウトソールであるVibramソールを採用しており、グリップ力は頭ひとつ抜けている印象です。

筆者購入価格 12,690円
Amazonで見る 楽天市場で見る

リーボック ウォーキングシューズ レインウォーカー JLL35

メイン素材には天然皮革が使用され、雨の日の通勤・通学や軽いウォーキングに適した、カジュアルで快適なウォーキングシューズに仕上がっています。
落ち着いたデザイン故に通勤でも使えるのがポイントです。

クッション性とサポート力に優れた着脱可能なEVAソックライナーを搭載し、撥水性の高いアッパーとなっているせいか水に強い印象が強いです。
中の空気が足の動きに合わせ流動する事で足への負担の軽減を助ける共に快適な歩行をサポートという部分は実感し難いですが、歩きやすさはバツグンです。

筆者購入価格 9,791円
Amazonで見る 楽天市場で見る

ダンロップモータースポーツ コンフォートウォーカーCF008

撥水・防滑のウォーキングシューズとなっていますが、デザイン性から通勤にも使える便利さと価格の安さが魅力です。
水に強く滑りにくいですが、クッション性はあまりなく、そちらを重視される方には不向きだと思います。

セラミック+籾殻配合ソールとなっており、氷上や雪上でも滑りにくいのは頼もしく、靴内部は抗菌・防臭加工を施した快適設計です。
けっこう軽くて履きやすいので作業靴としても優秀です。

筆者購入価格 4,614円
Amazonで見る 楽天市場で見る

ミズノ ウォーキングシューズ LD40 V α

ミズノ人気のウォーキングシューズで、防水機能のGORE-TEXファブリクス搭載モデルとなっています。
紐で締めてファスナーでとめるようになっており、脱ぎ履きしやすいことも特徴です。

高級感のある天然皮革を使用しており、革本来の風合いの変化も楽しめデザイン面でも気に入っています。
クッション性と安定性を両立するミズノウェーブを搭載し、通気孔から湿気を排気することでシューズ内の湿度と温度を下げる通気システムもあります。
価格はそれなりですが、機能面にデザイン面と不満のないウォーキングシューズです。

筆者購入価格 16,162円
Amazonで見る 楽天市場で見る

ニューバランス ウォーキングシューズ MW585

防水性、通気性、防滑性、クッション性すべてがバランスよくレベルが高いことが魅力です。
内側に着脱に便利なファスナー付きなのもポイントで、人気が高いことも納得です。

底には通気孔が空いて通気性は抜群で、アブゾーブを採用しクッション性も丁度よい感じです。
個人的には雨の日のマンホールでも滑らない防滑性に優れたアウトソールが気に入っています。

筆者購入価格 14,207円
Amazonで見る 楽天市場で見る

アシックス ウォーキングシューズ GEL-ODYSSEY

衝撃緩衝性に優れたGELをかかと部に内臓し、クッション性とともに反発性もあり、マルチに使えるウォーキングシューズとなっています。
ミッドソールは着地時にかかる力を分散させて足裏への負担を軽減し、軽く歩けるのが特徴です。

個人的にアシックスのウォーキングシューズはリニューアルされるたびに「まだ進化するのか」と思わせるほどに良くなっていて、毎回驚かされます。
サポート性と耐久性に優れたレザーアッパーを採用し、価格も手頃で長く使えるのでコスパは最高レベルだと思います。

筆者購入価格 7,746円
Amazonで見る 楽天市場で見る

-アウトドア・スポーツ

Copyright© かってよし , 2021 All Rights Reserved.