ホーム・キッチン

着る毛布のおすすめ 使いやすく機能的なタイプを紹介

更新日:

着る毛布のおすすめ

「着る毛布」とは、その名の通り全身を包むようになっているガウンに近いものです。真冬でも暖かいように足など冷えやすい場所にも工夫がされています。

日常生活がしやすいように考えられており、暖房費の節約にもなるため人気の商品です。

mofua

人気の秘密は暖かさにあり、その理由は超極細繊維の「プレミアムマイクロファイバー」を使用しているからです。また「プレミアムマイクロファイバー」は、肌触りも抜群でふわふわです。
ルームウェアタイプだから動きやすく、カラーバリエーションが豊富なのも人気の理由です。

筆者購入価格 3,232円
Amazonで見る 楽天市場で見る

Bauhutte ゲーミング着る毛布

よく伸びて身体にフィットするストレッチ素材を採用し、上半身にはスマートな一重構造を、冷えやすい下半身には超濃密ベロアフリース生地を使用しています。
面白いのは着たままでもトイレに行ける構造になっている点です。

筆者購入価格 13,212円
Amazonで見る 楽天市場で見る

Winthome 着る毛布

フランネル素材を使用し、ふわふわ&ツヤツヤな肌触りを実現しています。空気をたっぷり含んだ極細繊維で、電気を使わずに体感温度+2℃。
読書やパソコンなどをしたい時も両手が自由に使え、老若男女だれでも使用できるフリーサイズの着る毛布です。

筆者購入価格 2,699円
Amazonで見る

アイリスプラザ 着る毛布

髪の毛の約100分の1以下という超極細繊維を使用しており、体温によって暖められた空気をこの細くこまかい繊維の中に閉じ込め、暖かさを逃がしません。
ガウンベルトで丈の長さを調節可能で動きやすく、襟元のボタンを開閉して、首元をくつろげることも、立て襟で冷気をシャットアウトすることもできます。

筆者購入価格 5,484円
Amazonで見る 楽天市場で見る

西川 あったかガウン

着る毛布と言ってしまっていいのかわかりませんが、かなり人気の商品です。
毛足長めの素材でふわふわな肌触りで軽いのが特徴です。ゆったりとした大きいフリースといった感じで全身とはいきませんが、その分動きやすいです。

筆者購入価格 2,423円
Amazonで見る 楽天市場で見る

GreatCall 着る毛布

シルクより細いなめらかな「極細繊維を使用」細かい繊維の間に空気を取り込んで層を作り、体温を包み込んで暖かさを逃しません。フードも付いていて、これがかなり暖かいです。
腕はかんたんにまくれるので家事などもしやすいです。

筆者購入価格 2,980円
Amazonで見る

システムK マイクロファイバー着る毛布

羊の毛のようなシープボアを使用。空気を含んでふわふわと柔らかい最高の肌触りが体を包み込みます。
TANATEX社の静電気防止加工が施され、洗濯機使用OK(ネット使用)なのも嬉しいです。

筆者購入価格 2,980円
Amazonで見る

-ホーム・キッチン

Copyright© かってよし , 2020 All Rights Reserved.