ホーム・キッチン

電動歯ブラシの選び方 手では落とせない汚れを落とす

更新日:

電動歯ブラシの選び方

電動歯ブラシを使っていない方も、けっこう興味はあるのではないかと思います。でも「どれを買えば良いのか分からない」という意見も聞くので今回は電動歯ブラシの選び方を調べて見ました。
最後におすすめの電動歯ブラシも紹介します。

振動式と回転式

手磨き用の歯ブラシと同じような形状のブラシが振動する振動式と、丸型のブラシが回転して汚れを落とす回転式の電動歯ブラシがあります。

これはどちらが優れているということはありませんが、一般的に振動式のほうが刺激が少ないため、歯や歯茎に優しいという特徴があります。逆に回転式は汚れを落とす能力が高い分、歯への負担が大きくなります。

大きさ

ヘッドはもちろん本体の大きさも選ぶべきポイントです。ヘッドが大きいほど広い面積を磨ける分、細かい部分には届かなかったりします。また、口が小さい方にはあごが疲れることもあります。

また、電動歯ブラシを持ち歩く方も多いと思いますが、本体が大きく重いタイプもあるので、スリムなモデルの方がいい場合もあります。

機能

最近の電動歯ブラシは多機能なモデルも多く、ヘッドの部分も歯垢除去用、着色汚れ除去用、歯周ポケット用、歯茎ケア用など複数ある場合も多く、モードもブラシ研磨、水流洗浄、着色除去、音波振動、タイマー機能、充電方式、スマホ対応などがあります。

多機能なほど、本体が大きく価格も高くなるため、必要なのかを見極めることが重要です。個人的には自分がほしいと思う機能以外は「なくてもいい」と思います。

充電時間と連続使用可能時間

電動歯ブラシの持続時間はけっこうまちまちです。バッテリー持ちの良いタイプや充電時間の短いタイプもあります。

また、充電方式もUSBでの充電が可能なタイプもあります。特に持ち歩くことを想定している場合は充電時間や持続可能時間はチェックするべきポイントです。

交換ブラシのランニングコスト

ヘッドのブラシ部分は当然消耗品です。一般的には3ヶ月程度で交換することになります。多機能なモデルほどヘッド部分も専用のブラシがあるので、交換にかかるランニングコストも多くなります。

できれば専用のブラシは必要に応じて買い足す方が無難だと思います。交換ブラシの価格もまちまちなので、価格は事前にチェックして起きましょう。

スマホ対応

最近人気があるのがスマホの専用アプリと連携し、歯磨きの状況を確認できるタイプです。自分の磨き方が視覚的に分かるので悪い癖をなおすには便利です。
しかし、この機能が有るか無いかで価格はけっこう違うので必要かどうかを見極めるのが重要です。

おすすめ電動歯ブラシ

フィリップス ソニッケアー HX6526

大人気商品の2019年版です。約2分で歯磨き完了し、手磨きと比べ最大7倍の歯垢除去力を誇ります。
基礎的な機能だけではありますが、この価格帯では頭ひとつ出ている印象です。とりあえずリスクを減らして電動歯ブラシを試して見たい方にもおすすめです。

筆者購入価格 2,486円
Amazonで見る 楽天市場で見る

パナソニック ドルツ EW-DP53

2つのモーターが生み出すW音波振動が特徴で、「ヨコ磨き」に「タタキ磨き」をプラスして驚きの歯垢除去力とパワフルな磨き感を実現しています。

付属品も極細毛ブラシ,極細毛ブラシ,マルチフィットブラシ,ポイント磨きブラシ,シリコンブラシ,ステインオフブラシ,ステインオフアタッチメント,ステインクリーンペーストと盛りだくさんで、日本歯科医師会も推薦している電動歯ブラシです。迷ったらこれを買っておけば間違いありません。

筆者購入価格 25,500円
Amazonで見る 楽天市場で見る

-ホーム・キッチン

Copyright© かってよし , 2020 All Rights Reserved.