ホーム・キッチン

全自動コーヒーメーカーのおすすめ 飲み比べて比較した結果

投稿日:

お手軽に美味しいコーヒーを飲むことができる全自動コーヒーメーカーは、特に忙しい朝に便利です。
一杯当たりはの金額も手間も手頃で、現在はかっこう本格的なコーヒーが楽しめるので、私も愛用しています。

いろんなブランドが出しており、ラインナップが豊富なため、好みが分かれやすいコーヒーも自分好みのタイプが選びやすいという特徴もあります。
また、特に最近は在宅勤務などで自宅にいるケースが増えたので、手軽にリフレッシュできるコーヒーはもはや必須とも言えます。

今回はそんな全自動コーヒーメーカーのおすすめを紹介します。

パナソニック 沸騰浄水コーヒーメーカー NC-A57

万人受けするだろうなという、味、使い勝手、価格どれを取っても高いレベルの全自動コーヒーメーカーとなっています。
豆から挽けていつでも挽きたての「全自動こだわりドリップ」が特徴で、「粗挽き」「中細挽き」フィルターで、豆を挽き分けももちろん可能です。

それだけでなくリッチ・マイルドのコースでの「淹れ分け」も可能で、カフェインを控えたい人もデカフェ豆からしっかりした「コク」のあるコーヒーを楽しめます。

細かいところでも、カルキ90%カット、ミル自動洗浄、保温と便利な機能がそろっており、迷ったらこれを選んでOKというコーヒーメーカーです。

筆者購入価格 20,900円
Amazonで見る 楽天市場で見る

シロカ 全自動コーヒーメーカー SC-A211

コンパクトでスタイリッシュなところが気に入っている全自動コーヒーメーカーで、蒸らし機能でさらにおいしくコーヒーをいただけます。

新ブレード採用でさらに粒度が均一になり、またひとつ美味しくなりました。
粉からでも淹れられる、豆・粉両対応で、ステンレスメッシュフィルターで、豆の油分ごと抽出するからコクが深いことが特徴です。
10,000円を切るという低価格も相まってかなり人気が高く、旧タイプと比べ稼働音が静かになったと思います。

筆者購入価格 9,980円
Amazonで見る 楽天市場で見る

デロンギ マグニフィカ ESAM03110W

この価格でもエントリーモデルというコーヒーメーカー界の王様デロンギのマグニフィカです。

自宅で手軽に本格的なレギュラーコーヒーが楽しめるのですが、できることがとにかく多い。
摩擦熱が発生しにくいミルに、抽出量や豆量(濃さ)を無段階に調節可能、ミルクを加えたカプチーノやカフェラテ、エスプレッソなどを楽しめ、アイスコーヒーやアイスカフェラテもOK、フォームミルクを作ることも可能と、コーヒーにはうるさい方でも満足の機能を兼ね備えています。

ここまで使わないという人には宝の持ち腐れになりますが、いろんなコーヒーを楽しみたい方にはおすすめです。
間違いなくコーヒーライフが一変します。

筆者購入価格 49,000円
Amazonで見る 楽天市場で見る

アイリスオーヤマ コーヒーメーカー IAC-A600

こちらは価格が安いことが魅力的な全自動コーヒーメーカーです。挽き目の調節は可能だし、40分間保温できるし、コーヒーは最大4杯までドリップ可能で、メッシュフィルター、水タンクは取り外せるからお手入れもかんたんです。

とてもコスパの良い全自動コーヒーメーカーだと思います。

筆者購入価格 5,618円
Amazonで見る 楽天市場で見る

ツインバード 全自動コーヒーメーカー CM-D457B

2019年度GOOD DESIGN賞を受賞しためちゃくちゃオシャレで一目惚れしたコーヒーメーカーです。
挽き方の粒度設定は粗・中・細挽き3段階があり、燕三条製の刃を使用した低速臼式フラットミルを搭載しています。

2段階に設定できる湯温調節機能があり、コーヒーに最適な温度になっています。ハンドドリップを再現したシャワードリップが特徴的で、コーヒーの深い味わいを最大限に引き出してくれます。

ちょっとお高いのがネックですが、コーヒー豆が見えるのも楽しく、豆の風味もしっかり味わえます。

筆者購入価格 33,880円
Amazonで見る 楽天市場で見る

象印 コーヒーメーカー 珈琲通 EC-RS40

象印の得意なマイコン予熱とダブル加熱で最適な温度にし、じっくり蒸らすことでほんっ買う的な香りとコクを引き出します。

サーバー部分はこれまたお得意の魔法瓶構造となっており、コーヒーを煮詰めることがないので美味しさが長持ちします。
また、中細挽き」「粗挽き」の2段階に挽き目を調節でき、「ストロング(濃い)」「レギュラー(普通)」の2段階に濃さを調節できます。

筆者購入価格 23,780円
Amazonで見る 楽天市場で見る

クイジナート オートマチックコーヒーメーカー DGB-900PCJ

人気があるクイジナートの全自動コーヒーメーカーで、タイマー機能を使えば、朝起きたら目覚めの1杯ができている、ということも可能です。

見た目にもおしゃれな大容量コーヒー豆ケースが特徴的で、豆をまんべんなく粉砕するグラインダーに、3段階の濃度設定など機能面も充実しています。

筆者購入価格 16,000円
Amazonで見る 楽天市場で見る

-ホーム・キッチン

Copyright© かってよし , 2020 All Rights Reserved.