ホーム・キッチン

椅子・ソファ・ベッド すべて快適に ヨギボーのおすすめは?

投稿日:

人をダメにするクッションが人気ですが、それよりも強力にダメにするYogiboの紹介です。
たくさんの種類があるので、今回は特におすすめを紹介したいと思います。

どれも心地よく、他の家具やお好みに合わせて一番のものを選んで選んでください。
カラーバリエーションも豊富なので気にいるものがあると思います。病みつきになる心地よさがありますよ。

ヨギボーのメリット

  1. カバーが洗濯できる
  2. カバーが伸びてきたら洗って低温乾燥にかけると生地がギュッと収縮してYogiboの弾力が復活します。

  3. カラーバリエーションが豊富
  4. 好みや部屋の雰囲気に合わすことができ、模様替えにもなります。

  5. ビーズが補充できる
  6. 使い続けるうちにヘタっていくのは避けられません。補充ビーズのみの購入も可能です。

Yogibo 補充ビーズ 1500g
Amazonで見る 楽天市場で見る

ヨギボーのおすすめ

ヨギボー マックス

サイズは170cm×65cm×約55cmの415Lとなっており、一番人気のアイテムとなっています。
ソファーのように使うことができますが、ソファーと違って場所が固定されないのがメリットで、邪魔なときはどけられるのがうれしいです。

思ったよりも大きいので全身リラックスすることができ、座り心地は最高です。
迷ったらこれでいいのではないでしょうか。

筆者購入価格 32,780円
Amazonで見る 楽天市場で見る

ヨギボー ダブル

サイズが高さ約170cm×幅約140cm×奥行き55cmの895Lとビッグサイズのヨギボーです。
大人二人でも十分なサイズで、大きさもあって全身が包みこまれる気持ちよさがあります。

2人以上でゆったり使えて、リクライナーやベッド・ソファになり、映画や読書などのリラックスタイムにピッタリです。
ちょっと高いのが難点ですね。

筆者購入価格 65,780円
Amazonで見る 楽天市場で見る

ヨギボー サポート

高さ約90cm×幅約70cm×奥行き約30cmの約96LのU字型となっていて、単品でもいいのですが他のヨギボーと組み合わせて使うことをおすすしたいです。

肩がすっぽりと収まる形状になっており、背もたれと肘置きになって固定できるのがポイントです。
また、に授乳クッションとしても人気が高く、腕力を使うことなく授乳をキープできます。

筆者購入価格 15,290円
Amazonで見る 楽天市場で見る

ヨギボー ロールマックス

高さ約165cm×幅約25cm×奥行き約25cmの大人から子供まで使えるフルサイズの抱きまくらです。
単品でつかうのももちろんいいけれど、こちらもYogibo MaxやYogibo Midiと組み合わせると、ビーズソファの背もたれと肘置きのように使えます。

ヨギボーの中では安い部類なのもポイントです。
背もたれのように使ってもちょうどよい硬さで心地よいです。

筆者購入価格 16,500円
Amazonで見る 楽天市場で見る

ヨギボー ジッパロール

ヨギボーの中でも特殊なタイプで、座ったままこの中に手を突っ込んで、枕に使えるのが特徴です。
ジッパーの開閉で座布団や枕に変身できることがポイントで、旅行やオフィス用など横になれない時におすすめです。

ジッパーを開けて平らにすれば、クッションや背もたれになり、テレワーク時にも使いやすいタイプです。
普段は座布団として使っています。

筆者購入価格 3,850円
Amazonで見る 楽天市場で見る

ヨギボー ミニ

高さ約95cm×幅約65cm×奥行き約55cmとコンパクトサイズのヨギボーでワンルームなど一人暮らしの方におすすめです。
画像を見ると座椅子のような形状に見えますが、実際は大きい座布団のような形状で、使い勝手はバツグンです。

特にヨギボーサポートとの組み合わせは最強で、映画をみたり、読書をするときが至福になります。

筆者購入価格 17,380円
Amazonで見る 楽天市場で見る

ヨギボー ラウンジャー

高さ約80cm×幅約75cm×奥行き約85cmのはっきりと椅子の形をしている一人用のソファーです。
重さは約4.9kgなのでどこへでも持ち運べ、好きな場所でリラックスすることができます。

独特で有機的な曲線を持っていて、体にフィットするのがポイントです。
座り心地は最高で、圧力が分散するのか楽に座れます。
柔らかいので立ち上がりにくさはありますが、おすすめです。

筆者購入価格 21,780円
Amazonで見る 楽天市場で見る

-ホーム・キッチン

Copyright© かってよし , 2022 All Rights Reserved.