家電

衣類スチーマーのデメリットを解消 パナソニック NI-MS100

投稿日:

アイロン台が不要で手軽にシワがとれることで人気の衣類スチーマーですが、デメリットもあります。一般的なデメリットは「一度にシワを取れる部分が狭い」「仕上がりが甘くパリッとしない」ということだと思います。

しかし、今回紹介したいパナソニックの衣類スチーマーモバイル「NI-MS100」は従来品からかなり改良されており、ハンガーにかけたままでも衣類のシワをサッと手軽に伸ばせます。
また、本来のアイロンとの2wayで使えるので、パリッと仕上げたいときはアイロン台でプレスも可能です。

価格も手頃でスキのない商品に仕上がっているのでおすすめできます。

衣類スチーマー モバイル NI-MS100の特徴

アイロン台なしで使える

衣類スチーマー最大の長所で、ハンガーに掛けたまま、気になる衣類のシワをサッと手軽に伸ばせるのが特徴です。
また、コンパクトなので旅行先や出張先でもサッと使えるのもポイントです。

なお、本体サイズは幅11×高さ10.5×長さ10.5cmの手のひらサイズで、重量は640gです。持ち運び用のポーチも付属します。

たっぷり使える

衣類スチーマーの欠点として注水量が少なく、頻繁に注水が必要というのもあるのですが、この衣類スチーマー モバイル NI-MS100は約60mLとたっぷり使える注水量なので、気になったときに一気にシワを伸ばせます。

手軽にニオイとり

洗濯しにくい衣類もスチーム脱臭が可能な点も評価できます。汗臭、タバコ臭、飲食臭、生乾き臭、ペット臭を抑制し、防虫剤臭、加齢臭もしっかり脱臭します。
もちろん衣類を傷めにくいのも特徴です。

2way

衣類スチーマーとしての使用はもちろん、アイロン面がフラットになっているため、アイロンのようなプレス仕上げもできます。
普段はハンガーに掛けたままでも十分なのですが、パンツの折り目などをパリッと仕上げたいときなどに便利です。

衣類スチーマー モバイル NI-MS100のレビュー

この衣類スチーマーはモバイルという名のとおりコンパクトで持ち運びに適しています。出張が多い方や旅行好きな方には特におすすめできます。

個人的に衣類スチーマーは仕上がりが中途半端というイメージがあったのですが、想像以上にしっかりとシワがとれたので、基本的にハンガーに掛けたままでの使用でOKだと思います。
欠点を挙げれば、立ち上がりに約2分かかるのがもどかしいです。

衣類スチーマー モバイル NI-MS100のスペック

  • サイズ 約 幅11×高さ10.5×長さ10.5 cm
  • 質量 約640 g
  • 注水量 約60 mL
  • スチーム方式 ショット式

筆者購入価格 6,823円
Amazonで見る 楽天市場で見る

-家電

Copyright© かってよし , 2020 All Rights Reserved.