アウトドア・スポーツ

ソロキャンプにおすすめ solotour 焚き火台

投稿日:

円形で直径42cmと大きめの薪も乗せられるものの、コンパクトなsolotour 焚き火台の紹介です。
市販の薪約40cmをカットせずにくべることができるのが便利で、組み立てはかんたん、五徳の位置は調整可能と使い勝手は抜群です。

重量も960グラムと軽量で、これと言った不満もなく、ソロキャンプにもおすすめのおしゃれな焚き火台です。

Amazonで見る 楽天市場で見る

solotour 焚き火台の特徴

移動が容易

円形のため薪の追加や移動も容易にできるため、火加減の調整がしやすいです。
料理に凝りたい場合でも火加減がしやすいのはポイントになります。

五徳の高さは4パータン調整可能となっているので、こちらでの火加減も可能です。

安定スタンド

直径5mmのステンレス棒を使用して剛性が高いスタンドとなっていて、安定感はバッチリです。
そもそも円形なのでバランスもとれていて大きく焚き火ができます。

耐荷重約20kg

安定性もあるので20kgまで耐えられます。
ダッチオーブンなど重い調理器具も乗せることができるのもポイントで、新しい料理にも挑戦できます。

2点ゴトク付き

ゴトクは2点が付属していて、調理スペースが広くて料理がしやすいです。
ゴトクの高さ調整範囲が大きく、料理に合わせて使えます。

直径は42cm

市販されている薪の長さは30~40cmなので、そのままカットせずにくべることができます。
薪をカットするのも楽しいと言えますが、そのままでもよいのは助かります。

大きく自由に使え、火加減の調整もしやすく、安定性もあります。

収納バッグ付き

収納バッグ付きで専用袋に収納すれば楽に持ち運べます。

solotour 焚き火台のレビュー

直径が42cmと薪をそのまま入れられるのが楽で気に入っています。
話題のピコグリルと比べても遜色なく使いやすい焚き火台です。

960gとやや重たくはありますが、使わない場合は五徳を除いておけば、かなり軽くなります。
特に焚き火自体を楽しみたい方や料理に使いたい方におすすめの焚き火台です。

solotour 焚き火台の情報

  • 使用サイズ:約直径42×18(高さ)cm
  • 収納サイズ:約直径41X 24X4cm
  • 商品の重量:960 グラム
  • 耐荷重:約20kg

筆者購入価格 4,999円
Amazonで見る 楽天市場で見る

-アウトドア・スポーツ

Copyright© かってよし , 2022 All Rights Reserved.