パソコン・スマホ・タブレット

インクジェットプリンタ 複合機のおすすめ

投稿日:

プリンターってけっこう選ぶのが難しいですよね。何が違うのか分からないし、そもそも自分に何が必要なののかも分からないし。
そんな時はインクジェット複合機を選んでおくことをおすすめします。なぜなら大体の複合機はプリントの他、コピーにスキャンができて値段も安いからです。

また、インクは独立タイプを選んでおけばカラーを使う機会が少なくても経済的です。

今回はコスパ重視でおすすめのインクジェット複合機を紹介します。

エプソン カラリオ EW-452A

人気があるエプソンのカラリオエントリーモデルです。「くっきりブラック」で、文字や細線をシャープに美しくなっており、ビジネスで利用する場合でも問題ありません。

経済的な独立インクカートリッジを採用し、置き場所を選ばないコンパクトさも見逃せないポイントです。
私が特に便利だと思っているのが、スマホでの操作で、QRコードを接続しすぐにプリントできます。また、新アプリ「Epson Smart Panel」はプリンターをスマホで操作可能にしています。

価格も手頃で迷ったらコレというプリンターです。

筆者購入価格 13,970円
Amazonで見る 楽天市場で見る

Canon PIXUS TS8330

人気シリーズピクサスの一番人気モデルで、コピー、スキャン、6色ハイブリットインク、自動両面プリント、レーベルプリント、名刺サイズOkなどは当然です。

特に強化されているのは
Wi-Fi機能で、スマホから簡単にプリントできたり、友だちとのトーク画面から、すぐプリントできたりします。
また、ネイルシールプリントパーティーグッズやペーパークラフトもプリント可能で、遊び心もあるプリンターです。

筆者購入価格 22,500円
Amazonで見る 楽天市場で見る

ブラザー A4インクジェット複合機 DCP-J582N

「できる4色インク」で キレイに、おトクにプリントできるのが特徴で、最近は5色や6色タイプもありますが、写真は鮮やか、文字はくっきりでまったく遜色なく、ランニングコストはA4モノクロ文書で約2.7円/枚とかなり安くなっています。

コピー、スキャンに対応し、自動両面プリントも可能で、スマートフォン・タブレットや各種クラウドにも対応しています。
個人的には本体価格もそうですが、純正インクが安いので、ランニングコストがまったく違ってくるのが魅力です。

筆者購入価格 17,800円
Amazonで見る 楽天市場で見る

Canon PIXUS TS3130S

プリント、コピー、スキャンは可能ですが、特別な機能はなく、その代わりに価格が抑えられたベーシックなモデルです。基本プリントしか用途がなく、プリント自体もそれほど枚数が必要ない場合にはおすすめです。

とはいえ、4色ハイブリッドで文字はくっきり、Wi-Fiにも対応しています。個人的にはコンパクトなのがうれしいですね。

筆者購入価格 10,190円
Amazonで見る 楽天市場で見る

エプソン EW-M752T1

ボトルを挿すだけでインクが満タンにできるエコタンク式のプリンターで、なによりA4カラー文書が約2.7円(税別)とランニングコストが大幅に下がっているのが特徴です。

コピー・スキャンはフチなしコピーや背景除去機能などがあり、自動両面プリント、写真の新しい楽しみ方を提案する「Epson Photo+」と機能面も充実しています。

プリンター本体の価格は高価ですが、ランニングコストは断然安く、特にプリント枚数が多い場合にはおすすめです。

筆者購入価格 39,900円
Amazonで見る 楽天市場で見る

Canon TR9530

このTR9530の最大の特徴は迫力あるA3サイズのプリントが可能だという点です。また、カラープリント、モノクロプリントともにプリント速度が早いことも挙げられます。

コピー・スキャンはもちろん美しく仕上げる「5色ハイブリッド」インクがA3でのプリントをさらに引き立てます。
さらにA3対応モデルにしてはコンパクトなのもポイントです。

筆者購入価格 34,362円
Amazonで見る 楽天市場で見る

エプソン PX-M650F

ファクス機能を持っているタイプで、その割にはコンパクトなのが気に入っています。もちろん文書を確認してから実行できる「見てからファクス送信/見てからファクス印刷」機能も搭載。

プリント・FAX・スキャン・コピーと何でもこなせてこの価格はコスパ重視なら買いで間違いありません。

筆者購入価格 14,645円
Amazonで見る 楽天市場で見る

Canon G6030

一度の補充で大量のプリントが可能な「ギガタンク」搭載モデルで、インクボトル各色1本でブラック約6,000枚、カラー約7,700枚という驚異的な大量出力が可能になっています。
そのおかげでA4普通紙のモノクロで約0.4円、カラーでも約0.9円という破格のランニングコストになっています。

また、「新顔料ブラックインク」で文字や数字が見やすくなり、待機中の消費電力を抑え電気代を低減しています。

筆者購入価格 39,480円
Amazonで見る 楽天市場で見る

-パソコン・スマホ・タブレット

Copyright© かってよし , 2020 All Rights Reserved.