パソコン・スマホ・タブレット

ポータブルHDDの選び方とバッファローのおすすめHDD

更新日:

ポータブルHDDの選び方

  • ストレージ容量
  • ポータブルHDDを選ぶのに重要なのはストレージの容量になります。
    音楽データや写真データの保存を目的とする場合は「1~2TB」程度はほしいところです。それ以外の軽いデータなら500GBぐらいでもOKです。

  • 転送速度
  • データの転送速度は大きなデータをやり取りすることが多い場合には重要な項目です。より高速でデータ転送が行える「USB3.0」に対応したもの選べばOkですが、パソコン側も対応していることが必要です。

  • 堅牢性
  • ポータブルHDDは持ち運ぶことが前提なので、軽くて薄く、衝撃などに弱い構造になっています。
    衝撃に強いタイプ、水に強いタイプ、ファン付きで熱に強いタイプなど耐久性が強いポータブルHDDがあるので、持運ぶことが頻繁にある場合にはこういったタイプが安心です。

  • セキュリティー
  • ポータブルHDDは、軽くて小さいため、紛失や盗難のリスクがあります。中身のデータを閲覧するのにパスワードが必要なタイプなどがあります。

  • サイズ
  • けっこうしっかりし、分厚いタイプから名刺を少し厚くしたような薄いタイプまで、幅広くあります。

    バッファローのおすすめポータブルHDD

    HD-PA1.0TU3-C

    null
    ThuderboltとUSB3.1(Gen1)/USB3.0の2つのインターフェースに対応しており、Thunderbolt用とUSB用の2本のケーブルが同梱しています。
    転送速度もバツグンに早く、ストレスがありません。また、グッドデザイン賞を受賞している商品です。

    BUFFALO Thunderbolt+USB3.0Type-C変換ケーブル付 1TB HD-PA1.0TU3-C

    HD-PUS500U3

    薄さわずか8.8mmと極薄で、一般的なポータブルHDDの半分程度の薄さです。
    アルミのアルマイト加工により、強度と薄さを両立させたタイプになります。

    添付のソフトウェア「ターボPC EX2」のセーブモードを使うことで、保存容量が最大で1.2倍にアップします。これはファイルの圧縮技術によるものです。
    普段使いのポータブルHDDとしてオススメです。

    BUFFALO USB3.0用 ポータブルHDD 500GB シルバー HD-PUS500U3-S

    HD-PNF500U3

    null

    自己診断機能「S.M.A.R.T.」という異常が見つかれば即時に知らせてくれるサービスが付いています。「みまもり合図」というソフトをインストールするだけでOKです。

    また、耐衝撃ボディーを採用していて、衝撃吸収フレームと8個の衝撃吸収ゴムがHDDをしっかり守ります。
    大事なデータが入れる場合も安心して使えます。

    BUFFALO 耐衝撃対応 2.5インチ(ポータブル) 500GB ブラック HD-PNF500U3-BE

    HD-PSF4.0U3

    ポータブルHDDではあまりない4TBの大容量です。写真や映像に音楽と大きいデータでも余裕です。また、衝撃にも強い構造で、サイズも幅×高さ×奥行が79.5×21.5×115mmとコンパクトで、重さも250gと軽いです。
    大容量タイプはこれで決まりです。

    BUFFALO USB3.0接続 おでかけロック ポータブルHDD 4TB ブラック HD-PSF4.0U3-GB

    HD-PZN1.0U3

    最後にセキュリティーが万全なポータブルHDDの紹介です。
    衝撃吸収シリコンゴム+高剛性シャシが採用されていて、衝撃にはめっぽう強く、IPX3相当の防雨性能・IP5X相当の防塵設計で、不慮の事故にも対応します。
    また、ICカードでセキュリティー解除が可能で、さらに、お手持ちのICカードやおサイフケータイ対応スマホをアクセスキーとして登録することも可能です。

    BUFFALO ICカードロック 耐衝撃ボディー防滴・防塵 1TB シルバー HD-PZN1.0U3-S

    -パソコン・スマホ・タブレット

    Copyright© かってよし , 2018 AllRights Reserved.