家電

最強の全自動コーヒーメーカー マグニフィカS エントリーモデル

投稿日:

業務用という印象の強いデロンギのコーヒーメーカーですが、2020年に発売された新しいエントリーモデルはスリムになって家庭でも使いやすい最強と言えるコーヒーメーカーになりました。
とは言え、そこいらのコーヒーメーカーよりもはるかに高額なので事前によく調べた上で購入するべきです。

ということで、今回はデロンギのマグニフィカS エントリーモデル ECAM22112を紹介します。

デロンギ マグニフィカS ECAM22112の特徴

従来品との違い

今回発売されたマグニフィカSのエントリーモデルはですが、従来のエントリーとの違いをおさえておきます。上の図のとおりですが、深蒸しレギュラーコーヒーの機能が搭載されました。
これは豆をハンドドリップのように蒸らしながら抽出することで芳醇な香りとうまみを凝縮した日本人好みと言われる味が楽しめるもので、個人的にもかなりうれしいポイントです。

本格コーヒーが楽しめる

コーヒーメーカーはたくさんあり、価格面で言えば数千円から買えます。しかし、デロンギのコーヒーメーカーは全てにおいて妥協していないというか高レベルの機能が搭載されており、お店で飲むようなコーヒーが家庭で手軽に楽しめることが特徴です。

具体的には最適なタンピング、抽出圧、湯温にこだわり、抽出に最適な9気圧によって豆の旨味を最も引き出す理想の20秒抽出を実現しています。

二重構造高性能ミルクフロッサー

カフェで飲むようなキメ細かいなめらかなふわふわミルクも簡単にでき、カプチーノやカフェラテに最適なミルクを作れます。
カフェ顔負けのメニューバリエーションを楽しめるのがうれしいです。

着脱可能な抽出ユニット

抽出ユニットは取り外しができ、掃除もかんたん。掃除が面倒だと使う気が起きないんですよね。

コーン式コーヒーグラインダー搭載

低速回転でコーヒー豆を挽くため摩擦熱が発生しにくい構造のコーン式(円錐形)のグラインダーを採用。
7段階の調節が可能です。プロペラ式のミルよりも均一な粒度に挽くことができるのもポイントです。

節電機能

コーヒー抽出後に自動的にボイラーがオフになる節電機能があります。また、オートオフまでの時間を設定することもできます。

デロンギ マグニフィカS ECAM22112のレビュー

ボタン一つで本格的なコーヒーが楽しめるのがこのコーヒーメーカーで、それにこの金額が出せるのかが一番のポイントでしょうか。
私はコーヒーが大好きで、長く使っていくものなので納得していますが、コーヒーにこだわりがなければ難しいかもしれません。

ただ、メニューバリエーションが豊富なことも重要で、特にカフェラテのようにミルクを使う系のコーヒーが好きな方にはおすすめです。
カフェラテを家庭で作ろうと思えば、ミルクフォーマーを別に用意しなければならず面倒です。それらがこれ一台で済むので、いろいろな種類のコーヒーを楽しみたいなら買って損はありません。

デロンギ マグニフィカS ECAM22112のスペック

  • 外形寸法(mm): 幅238×奥行430×高さ350
  • 本体質量(kg): 9.5
  • 着脱式給水タンク容量(ℓ): 1.8
  • 豆ホッパー容量(g): 250

筆者購入価格 54,780円
Amazonで見る 楽天市場で見る

-家電

Copyright© かってよし , 2020 All Rights Reserved.