アウトドア・スポーツ

冬場に使える寝袋 シュラフのおすすめ 車中泊や防災にも

投稿日:

キャンプなど泊まりののアウトドアで一番快適性をきめるのは寝具だと思っています。
特に登山や冬場は命に関わることもあるので、寝袋だけは安物は避けるべきだと考えています。

寝袋・シュラフといったアイテムはアウトドアに興味がない方には無縁のものと思われるかもしれませんが、車中泊はもちろん万が一の災害時にも役立つ1つは持って置きたいアイテムでもあります。

最近の寝袋は収納時は本当にコンパクトに畳むことができるため、邪魔にならず価格も手頃なものが多くなりました。
そこで今回はおすすめの寝袋を紹介します。

ホークギア 寝袋 シュラフ マミー型

コットンファイバーで簡易防水と風仕様となっており、-15度耐寒とかなり高性能なマミー型寝袋となっています。
丸洗いも可能となっており、価格的にも手頃で、かなりおすすめと思います。

広範囲にジップがまたがっており、楽に体勢を変えたり寝返りを打つことが可能なのもポイントです。
また、逆に首元は調整ドローコードにより密閉させて保温することもできます。
収納時でも39 x 29 x 18 cmとやや大きめなのが欠点ですが、カラーバリエーションも豊富で、快適でした。

筆者購入価格 5,990円
Amazonで見る 楽天市場で見る

コールマン 寝袋(マミー型)

2wayジッパーを採用し、けっこう大きく開くため、快適性とあたたかさを両立している寝袋です。
-18度まで対応し、寝心地や保温力は最高レベルで携帯性に価格までスキがないため、めちゃくちゃ人気の高い寝袋となっています。

私が使用したときは外気温が0度程度だったので暑いぐらいでした。
欠点を強いて挙げれば収納時に苦労したことでしょうか。

筆者購入価格 6,850円
Amazonで見る 楽天市場で見る

LMR 高級ダウン寝袋 マミー型

収納サイズが約38cm×22cmとコンパクトで、袋の留め具を調整して上下を圧縮することができ、圧縮後のサイズは約33cm×22cmまでになります。
1500gもの高級ダウンが使用されており、軽いのはもちろんフカフカで柔らかいのも特徴です。

横にファスナーが勝手に開いてしまうのを防ぐファスナーガートが付いた独特なデザインで、防水性もあります。内部は吸水性も通気性も良い生地を使っていて肌触りはさわやかで快適です。
なお、カラーバリエーションもあり、洗濯も可能です。

筆者購入価格 9,290円
Amazonで見る 楽天市場で見る

Naturehike 寝袋

収納サイズはφ16×35cmで本体重量はわずか910gと非常に軽くてコンパクトなのが魅力です。
軽量ですが保温性は非常に良く極限温度は約-11℃になります。

ダウンの量は少なめでですが、その分この寝袋は足元のシッパーを開けられ、通気性抜群で夏にも使用できるのが特徴です。
エンベロープ(封筒)型の寝袋ではかなり使いやすいタイプだと思います。

筆者購入価格 14,880円
Amazonで見る 楽天市場で見る

Defence 4 Carinthia

EU軍も使用しているミリタリーシュラフで、デザインはそっけないですが、パフォーマンスの高さには定評があります。
快適温度で-8.8度は下限温度で-15度、極限温度なら-35度となっており、あたたかさはもちろん、寝心地についてもフカフカの布団のようです。

試したのが5度ぐらいの気温だったため、暑いぐらいだったのが印象的です。
かなり価格の高い寝袋ですが、冬用のシュラフとしては最強だと思います。

筆者購入価格 29,800円
Amazonで見る 楽天市場で見る

テックエボ 真冬対応型 ダウン 寝袋

体にフィットするマミー型のシュラフにダックダウン90%とフェザー10%が入った真冬仕様の寝袋で、耐寒-30度という真冬の北海道でもOKなところがポイントです。
特徴のひとつに目立つところにロゴマークがないことが挙げられ、そういったのが嫌いな方にも好評のようです。

ドローコードを縛ることで顔回りもすっぽりと覆うので顔回りも寒くないです。
その反面中はキツい感じはあり、あたたかさとトレードオフなんだと思います。

筆者購入価格 11,999円
Amazonで見る 楽天市場で見る

Tooge 冬用 ダウン シュラフ

保温性が高く、撥水加工がされる素材なので濡れにも強いのが特徴です。
内生地は綿素材なので肌触りも良く、フカフカで柔らかいのもポイントです。

なお、珍しいのが左右2個連結して使用することもできる点です。
なお、カラーにオレンジとブルーがあるのですが、どちらも目立つ役割は分かるものの個人的には微妙です。

筆者購入価格 7,980円
Amazonで見る 楽天市場で見る

FIRSERMO 発熱できる寝袋

10000mAhのモバイルバッテリーで使用時間が最大約7h発熱できる寝袋となっています。
こしの 部分と足の部分の2箇所が発熱するのでかなりあたたかいのが特徴です。

表地は防水性と耐引き裂き性に優れ、肌触りがよく寝心地も悪くありません。
電熱寝袋にはさらなる可能性を感じました。

筆者購入価格 6,280円
Amazonで見る 楽天市場で見る

-アウトドア・スポーツ

Copyright© かってよし , 2021 All Rights Reserved.