パソコン・スマホ・タブレット

エコタンク搭載プリンタ エプソン3種徹底比較

更新日:

エコタンク搭載プリンタ比較

エコタンクとは、インクジェットプリンターに、大容量のインクタンク(エコタンク)を搭載し、インクを注入することができる機能を有したプリンターをいい、インク代の大幅な節約が可能となっています。

1枚あたりの印刷コストはカートリッジ方式の場合はカラーなら13.5円モノクロでも4.1円ですが、エコタンクならカラーは1.3円でモノクロは0.5円と1/10ほどになります。
しかし、その分プリンタ自体はまだまだ高のも正直なところです。

今回はエコタンク搭載のプリンター3種類を比較し、買うべきかどうかを検証してみます。

エコタンク搭載プリンター比較表

EW-M571T EW-M970A3T EW-M5071FT
タイプ インクジェット インクジェット インクジェット
インク色数 4色 5色 4色
タッチパネル 非対応 非対応 対応
最大用紙サイズ A4 A3 A3ノビ
最大給紙枚数 100枚 110枚 501枚
機能 コピー・スキャナ コピー・スキャナ コピー・スキャナ・FAX
サイズ 375×187×347 526×168×415 666×428×486
重量 5.5kg 10.5kg 23.5kg

EW-M571Tの特徴

エコタンク搭載のプリンターの中では廉価で一般的なモデルです。
1回のインク交換でA4カラー文書を印刷できる枚数は、約6,000ページで、一枚あたりの印刷コストはA4カラー文書で約0.9円、A4モノクロ文書で約0.4円となっています。

最大用紙サイズはA4で、コピーの他にスキャナとしても使え、他の機能は、ダイレクト印刷、ネットワーク印刷、自動両面印刷、フチなし印刷、カードリーダーがあります。
コンパクトで置き場所にも困りません。

EPSON EW-M571T

EW-M970A3Tの特徴

1回のインク交換でA4カラー文書を印刷できる枚数は、約5,000ページで、一枚あたりの印刷コストはA4カラー文書で約1.3円、A4モノクロ文書で約0.5円となっています。
顔料インクと、染料の2つのブラックを搭載しているため、文字や細線をシャープに美しく印刷し、アルバムで保存すれば300年に渡って発色を維持しますので、写真プリントを安心して残すことができます。

最大用紙サイズはA3でコピーの他にスキャナとしても使え、ダイレクト印刷、ネットワーク印刷、自動両面印刷、フチなし印刷、カードリーダー、レーベル印刷が可能です。
また、自動電源オン、オフ機能やiPadやiPhoneからWi-Fi経由で印刷できるAirPrintにも対応しています。

EPSON EW-M970A3T

EW-M5071FTの特徴

A4カラー約0.8円、A4モノクロ約0.4円という圧倒的な低印刷コストを実現していて、6,000ページ印刷できる大容量エコタンク搭載となっています。
A3ノビサイズまでの対応しているので印刷用途は様々。A3自動両面印刷や封筒印刷も可能で、コピーにスキャンもできます。
他にも、ダイレクト印刷、ネットワーク印刷、自動両面印刷、自動原稿送り装置(ADF)、カードリーダーに対応し、FAXは見てから印刷が可能です。

まさに万能なプリンターでこれ一台で何でもでき、しかもエコな商品になっていいるので、従来品から買い替えてもお釣りがくるでしょう。

EPSON EW-M5071FT

-パソコン・スマホ・タブレット

Copyright© かってよし , 2018 AllRights Reserved.